更新履歴

2011年11月30日

2011年12月の事務所だより

シルック先生
いよいよ師走です。

本日1日に相続・資産家の方向けに事務所セミナーを開催します。
セミナーを前にずっと相続のことを考えていました。

 その前までは法人の節税のための原稿を書いていました。
 エコノミストに掲載されますので、ご興味のある方はおっしゃってください。
 掲載雑誌をプレゼントさせていただきます。

今は、相続の節税対策、円満な遺産分割のことを考えています。

来年には相続の大増税が多分あります。
今までなら相続税がかからなかった場合でも
基礎控除の減額で相続税がかかる人の割合が確実に増えます。

相続税も大変ですが、相続手続きも面倒になっています。
相続手続きに成年後見人等が必要になる局面も増えると思います。

お客様に寄り添って生きて行く中で
自然に受け止めていけるような優しい対応を心掛けたいと思います。

日本元気丸
プロ野球、日本シリーズが終わると選手達の悲喜交々の活動が始まります。FA宣言、ポスティングシステムによる移籍は幸せな部類ですね。しかし、球団からの戦力外通告を受けると、次の職場探し。球団に留まることができても、年棒交渉でアップすれば幸せ、ダウンすれば悲哀。毎年人生の縮図を見させてもらっています。
球団とファンから期待される選手であり続けること。年俸以上の活躍をすること。才能だけでなく、不断の努力を必要すること、肉体の衰えと相談しながら選手であり続けること。なんと大変なことか。
プロ野球選手ほどの稼ぎは得てはいませんが、自分の人生、後悔をしないよう日々努力をしなければいけないのだと痛感させられます。

HEAVEN 7
先日、腰を痛めてしまいました。原因は今ひとつよくわかりませんが、2、3日間は椅子にすわったり立ったりするのに注意が必要でした。今回わかった事ですが、腰を痛めただけで歩きにくかったり、椅子から立ち上がるのが大変だったり日常の色々な動作に支障が生じるものですね。今まで家族が腰痛になった時、冷淡だった自分を反省しました。
今は快くなっていますが、文字通り「腰は身体の要」とはよく言ったものだと感じ入った次第です。

りんご
街路樹が葉を落とし、イルミネーションへと衣替えをしていますね。
だんだんと街中が師走のせわしない雰囲気になってきたように感じます。

会計事務所もこれから年末調整、法定調書の作成、償却資産税の申告、確定申告とますます活気溢れる時期になります。
寒さに負けないように、体調には充分に気をつけて今冬を乗り越えたいと思います。


なすび
先日、今まで捨てられなかった洋服を思い切ってたくさん捨てました。
なんだか急に“今なら捨てられるっ!”と思い、夜中に整理を始めたのです。
今まで何度も整理はしているのですが、“まだ着られるから取っておこう”となかなか減らすことができませんでした。もったいないからと取っておいても結局着ないものは着ないんですよね。
捨ててしまえばそれまでなのですが、その捨てるという行動に移すまでが難しくて…。
行動にはタイミングと踏み出す一歩のちょっとした勇気が重要ですね。


かき
少し早めの大掃除を始めました。
物が増えていき、雑然とした部屋がいやだなと思いながらもなかなか片づける時間もなく、そのままとなっていたのですが、ふとしたきっかけで勢いよく片づけ始めました。
普段あまり使っていない本棚や物入れを見てみると、「こんな本いつ買ったの?」「このお店のポイントカード、いつ作ったんだろう?」とびっくりするものが続々と出てきました。
かなり時間がかかりましたが、使わないものは思い切って処分し、たくさんのゴミを出してとてもすっきりしました。

ゴーヤチャンプル
今回来日された『国民総幸福量』(GNH)世界一のブータン国王夫妻の滞在中の言動を拝見して、とても心温まるものを感じました。

また、3.11の震災以来、今までの生活が一変する出来事とも重なって、≪なにげない日常≫≪家族の大切さ≫などわかっていながら、気持ちの中で薄れていた事を強く意識する様になりました。

『幸福』とは・・・それぞれにきっと答えがあると思うのですが、先日心に響いた言葉がありました。

“悲観主義は感情で、楽観主義は意志の力による““幸せだから笑うのではなく、笑うから幸せなのだ”

何事もまずは、本人の意識からですね。

さにか
Googleが今年6月にオープンした全世界の人と交流できるサービス「Google+」で日本一人気があるのは、女子大生で9月下旬からずっと、国内1位をキープしているそうです。
「自分にはなにも好きな事がないし、出来ることがないから」就活で困り、なにかしなければと始めたのがきっかけだそうです。
始めただけじゃなくて、継続して、反響を呼べるように分析して、国内1位。素晴らしいですね。
苦手な事を自分に課して続けられた彼女を見習って、新しいことを初めてみようと思えますね。
posted by 税理士 小出絹恵 at 15:06 | 事務所だより 編集
この記事を書いた税理士の小出絹恵です。
syocyo_siro.jpg
     税理士・行政書士・相続遺言コンサルタント
     小出 絹恵
     http://www.zeirishi-net.gr.jp/
     TEL:03−5486−9586
     幼い頃、往診に来て下さったお医者さま
     (女医さんでした)の顔を見ただけで、安心して病気が治ったような
     そんな体験が懐かしく思い出されます。
     私は皆様のそういう主治医になれたらと願っています。
●申告の際には必ず専門家にご相談ください。
記事検索
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。