更新履歴

2006年10月27日

現金管理を上手くやる

◇現金管理を上手くやる

Question>小口現金や掛金の回収残金などの手許残高が領収証などの帳簿書類と合いません。
どのようにしたら、現金管理を上手くできるようになりますか?

Answer>
振込や小切手回収の場合は必ず、預金口座を通るので一致しないという事は起こりにくいのですが、口座を通らない現金回収においては一致しない事が起こりやすくなります。

一致しない原因は、下記の事が考えられます。
 ・社長の立替払いを精算していない
 ・領収書や帳簿の記載漏れ
 ・回収してきた現金の預け入れ漏れ(入金処理せずに、そのまま使ってしまった等)

これらの原因を防ぐ為には、次のことを行ってみてください。
1. 会社のお金と社長のお金をしっかり分ける。
  まずは、簡単なものでもかまいません。会社用の金庫を用意し、会社のお金と社長のお金をきちんと分けましょう。

2. 領収書は必ず発行し残しておく。
  現金で入金した場合には、領収書を要らないと言われたお客様にも必ず領収書を発行し、控えを自社に残しておくようにしましょう。

3. 集金管理はこまめにする。
  必ず集金後は「領収書控え」と照らし合わせながら、集金してきた金額を確認し、その場で「領収書控え」と回収金額が一致していることを確認し、入金処理を行う。

4.現金残高確認は毎日行う。
  現金管理は毎日の積み重ねであるため、毎日実際の現金残高と帳簿の現金残高の確認を行ないます。差額が生じた時は、必ずその原因を追究しておきましょう。

まずはこの4項目を徹底されてみては、いかがでしょうか。
これだけでも、必ず成果があらわれると思います。
posted by 税理士 小出絹恵 at 15:20 | 経理初心者なにをしたらいい? 編集

預金通帳は帳簿です

◇預金通帳は帳簿です

〜銀行預金にはいろいろあります。目的にあわせてどんどん活用しましょう。〜
《預金通帳を使うメリット》
・預金通帳は第三者による書類ですので、証拠能力が高い
・口座を分けたり、支払・回収など経理の合理化を図れる

普通預金は
・記帳がいつでもできます。
・残高が正確に把握できます。

◆自動振替や払い込み支払など、毎日の取引は普通預金を通し、適用はその都度通帳にメモしましょう。

当座預金は
・小切手払いの時に使用します。
・手形の引き落としに使用します。

◆バックシートが銀行から送られてくるまで金額などのチェックができないので支払日を決めて使うようにしましょう。

* 不明瞭な預貯金(例えば、架空名義や無記名)が出てきたときは、それを売上除外だとみなされる危険があるので注意が必要です。
* また、このような不明瞭な預貯金はペイオフによる預金支払の対象とならないので注意が必要です。





実印(代表印)・銀行印の保管と使用は社長ご自身で行ってください。
posted by 税理士 小出絹恵 at 14:19 | 経理初心者なにをしたらいい? 編集
この記事を書いた税理士の小出絹恵です。
syocyo_siro.jpg
     税理士・行政書士・相続遺言コンサルタント
     小出 絹恵
     http://www.zeirishi-net.gr.jp/
     TEL:03−5486−9586
     幼い頃、往診に来て下さったお医者さま
     (女医さんでした)の顔を見ただけで、安心して病気が治ったような
     そんな体験が懐かしく思い出されます。
     私は皆様のそういう主治医になれたらと願っています。
●申告の際には必ず専門家にご相談ください。
記事検索
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。