更新履歴

2015年03月24日

未分割財産の収益の帰属 家賃収入は誰のもの?

アパートを所有している父親が亡くなった場合、
そのアパートの家賃収入は誰のものになるのでしょうか?

相続財産について遺産分割が確定していない場合には、
その相続財産は相続人全員の共有ということになります。

共有持ち分は法定相続分です。
配偶者は1/2
子供たちは 残りの1/2をさらに子供たちで等分に分けることになります。
子供が3人なら、それぞれ1/6ずつになります。

遺産分割協議書の作成ができるまで、
たとえ、相続人のうちの特定の人(たとえば長男)が
家賃収入を管理しているような場合であってたとしても、
共同相続人がその法定相続分に応じて
申告することになります。

被相続人であるお父様の生前の所得については、
お亡くなりになってから4か月以内に確定申告を行うことになります。
これを、準確定申告といいます。
所得税が発生すれば、それは、相続税を計算する上では、
債務控除として、遺産から控除することができます。

相続開始後、間髪を入れずに遺産分割を行うなどということは
とうてい無理な話です。
遺言書があれば、遺産分割をする必要もなく、
財産の帰属が決まりますから、この問題は避けることができます。
この点からも、遺言書の作成は意味がありますね。

posted by 税理士 小出絹恵 at 14:54 | 相続・経営承継 編集

2013年07月12日

遺言とエンディングノートの書き方セミナーを開催致しました。

遺言とエンディングノートの書き方セミナーを開催致しました。
DSCF1261.JPG
posted by 税理士 小出絹恵 at 00:00 | 相続・経営承継 編集

2008年10月16日

皆が笑顔になる遺産分割協議!(^^)!

相続税の申告をするときに、

@ 遺産分割協議書ができている場合と、

A 遺産分割協議書作成のお手伝いからさせていただく場合

とがあります。

相続があってから、相続税の申告までに10か月間、
時間があるようでいて、結構時の経つのは早いものです。
 
Aの遺産分割協議書からお手伝いさせていただく場合には、
話し合いを複数回設ける必要があります。

不動産は、必ず現地確認をいたします。
ご自宅を訪問させていただき、
相続人様や被相続人様の生前のご様子等のお話も伺います。

初回面談、2〜3回の遺産分割の話し合いを経て、
遺産分割協議書、相続税の申告書の押印となります。

書類のやりとりやら、話し合いやら、
少なくとも4〜5回は面談することになります。

税理士に頼むメリットは!

1.税制上の優遇措置や評価減をフルに使って、
  相続税を可能な限り節税すること。

2.納税資金まで考えた遺産分割ができること。

3.次の相続のことまで考えた分割協議ができること

4.アパート(資産)と
  アパート建築資金の借入金・預り敷金(負債)というように、
  資産と負債を対応させた遺産分割を助言することができること。

5.被相続にの準確定申告、相続人の確定申告のサポートも
  受けられること。

6.遺産分割協議書の作成のお手伝いをしても、
  遺産分割協議書の作成報酬はいただかないこと。
    (相続税の申告報酬だけです。)

7.相続人間の利害調整を、
  「相続人から等間隔の第三者である税金のプロの立場」
  で助言することができること。

 いかがですか?

思いつくままに、書いてみましたが、

費用の面からも、効果の面からも、
税理士は、相続の相談相手としてお役に立てると思います。
posted by 税理士 小出絹恵 at 14:46 | 相続・経営承継 編集

2008年10月11日

素晴らしい二代目教育ぴかぴか(新しい)

「先生exclamation×2
僕が、これを作るのに、
どれだけ大変だったか分かりますかexclamation&question

何をしようにも、父親に反対されて…

あの実績があったから、
これができたようなものですよ。」

そう言いながら、
会社案内パンフレットを見せてくれた。

「写真、綺麗に撮れていますね。」

社長の息子である彼が、父親を尊敬し、
社長を認めているのがよく分かる。

私は、彼のやる気と力を認め賞賛した。

それにつけても、彼の一途さ、誠実さは、
社長譲りのものだと思うし、
彼も社長に反対されるからこそ、
計画がより緻密になり、

社長から了解を得られて実行できたものは、
結果として、かなり成果に結びついているようだ。

社長は、こうして二代目を鍛えているのかもしれません。

素晴らしい経営承継ですぴかぴか(新しい)
posted by 税理士 小出絹恵 at 00:19 | 相続・経営承継 編集
この記事を書いた税理士の小出絹恵です。
syocyo_siro.jpg
     税理士・行政書士・相続遺言コンサルタント
     小出 絹恵
     http://www.zeirishi-net.gr.jp/
     TEL:03−5486−9586
     幼い頃、往診に来て下さったお医者さま
     (女医さんでした)の顔を見ただけで、安心して病気が治ったような
     そんな体験が懐かしく思い出されます。
     私は皆様のそういう主治医になれたらと願っています。
●申告の際には必ず専門家にご相談ください。
記事検索
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。