更新履歴

2009年05月18日

こういう時期の借入れはexclamation&question

こういう時期の借入はexclamation&question

売上減少で資金繰りが厳しくなりそうなら

借りられる内に借りておきますexclamation×2

キャッシュフローは潤沢にあるにこしたことはありません。

ギリギリになってからでは、
もし、銀行が貸してくれなかったら
アウトです。

手形を切っている会社は要注意です。

でも、

借入れがあると、
会社をやめたくてもやめられなくなります。

事業の先行を熟慮して、
会社の存続も含めて考えましょうぴかぴか(新しい)
posted by 税理士 小出絹恵 at 19:54 | 銀行借り入れ 編集

借入れをする前にexclamation×2

こういう相談はできるのでしょうかexclamation&question

先日、ある社長様からご相談の電話をいただきました。

それは、銀行からの借入れができるかどうかexclamation&question
というものでした。

翌日、その社長様と奥様とが
事務所におみえになりました。

売上が全くないexclamation×2
売上ゼロexclamation×2
というのです。

そばで奥様が
「もう これ以上 会社にお金をつぎ込むのは…。もうやだ〜(悲しい顔)

今までに銀行の借金返済のために
ずっと個人のお金をつぎ込んできた

というのですね。

経理をやっている奥様と
数字に無頓着なご主人と

また借りられるものなら借りたいexclamation×2
という社長と

借りたら返さなければならないから、
もう 借りたくない
という奥様と。

何のために会社を続けていらっしゃるのかexclamation×2

借入れの前に
ご夫婦で話し合う必要がありそうです。

出血はすぐに止めないとexclamation×2
その後に優先順位を付けて対策です。
posted by 税理士 小出絹恵 at 19:23 | 銀行借り入れ 編集

2009年05月13日

銀行借入 銀行から、会社から

借入れに関連して今日あった話です。

M銀行さんが事務所に見えて、
「先生、今度 電子申告をしている会社さんからは
こういう書類をいただくように致しますので、
その際には先生にもご協力をよろしくお願いたします。」
と、見せられたのが、

「Web申告データ受付サービス利用申込書」
という書類です。

この書類を会社側からもらい
税理士からは「委任状」をもらって
会社が税務署に電子申告した決算書(法人税申告書等)を
銀行が税務署から直接ネットで
電子データとして受け取るというわけです。

これにより、
税務署に申告したデータと同じ内容の申告書を
銀行は入手することができるというわけです。

きちんとした会社は信用力が高まり、
そうでない会社は「応じられない」という
ことになるでしょうね。

もちろん、うちの事務所はすべて電子申告ですから、
お客様の信用力は高まります。

融資審査のスピードも速まるでしょう。

posted by 税理士 小出絹恵 at 18:30 | 銀行借り入れ 編集

2007年05月30日

融資姿勢、銀行によって違います!

昨日、M都銀さんの法人担当室の方が数人でみえました。
前回のm都銀さんとは別の都銀さんです。

このM都銀さんは、
 「中小企業融資は今も積極的に進めています。」
       とおっしゃっていました。

先のm都銀さんは
 「売上高1億円以上の会社でないと、融資はむずかしい。」と
 言っておりましたが、今回のM都銀さんは、
”法人新規室”を設けて、新規融資を積極的に進めているとのお話です。

午前中、信金さんを話していたのですが、
「せっかく中小企業さんを育てても、
 大きくなると、都銀さんに行っちゃうんですよね。
 どうしても、金利面でかなわないものですからね。
 資金調達方法が違うから・・・・・。」
       
金融機関によって、それぞれ特徴があります。
金融機関のご紹介も致しますので、ご相談ください。
ただし、粉飾決算はだめですよ。
posted by 税理士 小出絹恵 at 16:34 | 銀行借り入れ 編集
この記事を書いた税理士の小出絹恵です。
syocyo_siro.jpg
     税理士・行政書士・相続遺言コンサルタント
     小出 絹恵
     http://www.zeirishi-net.gr.jp/
     TEL:03−5486−9586
     幼い頃、往診に来て下さったお医者さま
     (女医さんでした)の顔を見ただけで、安心して病気が治ったような
     そんな体験が懐かしく思い出されます。
     私は皆様のそういう主治医になれたらと願っています。
●申告の際には必ず専門家にご相談ください。
記事検索
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。